酵素ドリンクは常温から人肌で飲もう

酵素ドリンクの飲み方には三つの注意点があります。まず第一に覚えておくと良いのが酵素ドリンクは常温から人肌で飲むことです。夏の暑い日には氷を浮かべて飲み、冬の寒い日にはよく温めてから飲みたいと考えるかもしれません。しかし、酵素がしっかりと機能することができるのは一般的には体温程度であり、最も効果が期待できる温度なのです。また、温度を上げると効果を失ってしまう酵素もあるため、加熱しないように注意しなければならないと覚えておきましょう。

冷蔵保存で品質管理が大切

酵素ドリンクを手に入れたら常温から人肌で飲めるようにしようと常温保存してしまう人もよくいます。未開封の場合には支障がない場合もありますが、基本的には冷蔵保存をしておくのが賢明です。酸素の影響を受けたり、雑菌が入ったりすることで変質してしまうリスクが高いからであり、品質管理をしっかりと行うために低温で保存するのに越したことはありません。飲む前に必要な分だけコップにとって常温に戻すようにするのが良い飲み方です。

目的に応じたタイミングで摂取

酵素ドリンクを飲むときにはタイミングも大切です。置き換えダイエットをするなら置き換えたい食事に合わせればよいですが、健康のために飲もうというときや、置き換えをせずにダイエットサポートとして飲むときにはタイミングを選びましょう。身体の機能を維持邁進するには就寝前がベストです。消化吸収を助ける目的であれば食前に飲むようにすると良いでしょう。食後に飲んで栄養補給をするという考え方もあり、個々の目的に応じたタイミング選びが重要になるのです。

酵素ドリンクは、酵素が持つ体内での新陳代謝を促進する作用を持っています。また酵素は食物の消化吸収を促進する事から注目されています。