ボトックスの働きについて

ボトックスは筋肉抑制効果のあるものであり、小顔作りやシワを無くす為に利用すると効果を得られるものです。筋肉の働きを抑えるタンパク質の注入によってこうした効果を得られ、効果が永久に続くというものではないですから、ボトックスの特性を知った上で利用する事が望ましいでしょう。注射によって注入する方法が即効性が高くて効果の実感を得られ、ボトックス入りの塗るタイプの化粧品もありますが、即効性や大きな効果を得る事は難しく、長期利用で段々と効果を発揮させるものと言えます。

ボトックス注射の持続効果について

個人差はありますが、ボトックス注射を注入して筋肉抑制の効果が出るには2.3日程度が一般的です。もちろん注入箇所やどの程度の効果を得たいか等によって期待する効果を得られるまでの期間は変わるものの、2.3日程度から効果の実感を得られて、2週も経つ頃には安定する傾向にあります。3か月程度は効果が持続されますから、効果が薄れる前に再度施術を行うと維持されやすくなるでしょう。長期に渡ってボトックス効果を得たい場合は、定期的な注入が有効です。

ボトックス効果を持続させるポイントとは

ボトックス効果を持続させるには、効果が切れる前に再注入という方法が有効ですが、回数を重ねていくにつれて持続期間が長くなっていく特徴があります。ですからボトックス注射を継続的に利用するにつれて効果が長くなっていくと言う事であり、筋肉が動かない状態が続けば委縮が始まって小さく弱くなり、それが要因で効果が持続するという事です。施術した部位の筋肉を頻繁に動かす効果も避ける事が持続のコツであり、経験豊富な医師から施術を受ける事は大切でしょう。

ボトックスの施術を初めて受ける時には、様々なコツが必要となるため、多くの患者の意見を聞き入れることが大事です。